[Medieval Dynasty]プレイ日記14~鉱山と売り場の事業開始~

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回はPS5「Medieval Dynasty(メディーバルダイナスティ)」の下記プレイ日記の続きです。

スポンサーリンク

プレイ日記

6年目 夏

村の笛吹き

畑で作業していると農業のスキルレベルが上がりました。

入手したスキルポイントで「村の笛吹き」スキルを習得。



口笛で常用馬を呼べるようになりました。

ロバに乗りたいタイミングでロバと距離が空いていることが多かったので、これは便利!

6年目 秋

旅する商人

秋になり、旅の商人が村にやって来ました。



200コインで外交スキルを獲得。

レベルが上がったので、「雄弁」スキルを習得しました。



レベル3まで習得し、NPCの生産効率が15%アップ!

村人が増えて食料の需要が増えてきたので、調理場を増設したのですが、これで「ポタージュ」や「シチュー」の量産がさらに捗るはず・・・!

売り場

指定したアイテムを売ってコインを稼いでくれる「売り場」を建設。

試しに「毛皮のブーツ」の販売を開始してみました。



ただ、「毛皮のブーツ」は高く売れて重量もそれほどないため、自分で商人に売りに行った方が早かったです。

売り場では資源貯蔵庫や食糧庫に在庫が大量にあって、かさばるアイテムを販売するようにした方が良いかもしれません。

私はこの後、「肉」の販売に切り替えました。

大工の楽しみ

妻からの依頼で村に家具×5を配置し、賑やかにすることに。

とりあえず、丸太テーブルと丸太ベンチのスキームを購入して川の近くに設置してみました。



早速、ベンチで休憩する村人。

疲れてない?
どしたん?話聞こか?←
スポンサーリンク

6年目 冬

鉱山

サイドクエストで技術ポイントを稼ぎ、ついに鉱山を建設できるようになりました。

とりあえず、ゴストヴィアから南の洞窟の入口に建設。



洞窟の中に松明が設置され、鉄鉱床も出現しました。



自分で採掘しても良いけど、鉱夫を割り当てて「鉄鉱石」の生産を開始。

ついに鉄器を作る準備ができた・・・!

編集後記

採掘した「鉄鉱石」から「鉄の棒」の生産まではできたものの、まだ技術ポイント不足で鉄器は生産できませんでした。



青銅器は生産までの手順が下記のように多いので、「鉄の棒」で作れる鉄器の方が管理が楽になるのですが・・・
  1. 「銅鉱石」から「銅の棒」を生産
  2. 「錫鉱石」から「錫の棒」を生産
  3. 「銅の棒」と「錫の棒」から「青銅の棒」を生産
  4. 「青銅の棒」から青銅器を生産
またサイドクエストがあれば積極的に受注し、技術ポイントを稼いでいきたいと思います。

以上、いろはでした。
スポンサーリンク

こちらもどうぞ