【神ゲー】ドラクエビルダーズ2(DQB2)が面白い!プレイ日記~モンゾーラ島で農園作り!~

2019年1月14日

Pocket

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回は2018/12/20に発売したばかりのPS4「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」のプレイ日記です。

スポンサーリンク

「ドラゴンクエストビルダーズ2(DQB2)」とは

「マインクラフト」のドラクエ版です。

舞台はドラクエ2で3人の勇者によって、邪教の大神官ハーゴン破壊神シドーが倒された後の世界。

ハーゴンの遺志を継いだハーゴン教団の残党によって、世界は荒廃。

無人島「からっぽ島」に流れ着いたプレイヤーは、モノづくりの力を駆使してこの島を開拓していくことになります。

章ごとにストーリーがあり、次々とクエストが発生していくので、クラフト系のゲームでよくある「何をしたらいいかわからない」といったことはありません。

ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 – PS4


ここからはプレイ日記です。
ストーリーに関わる重要な話にはできるだけ触れないようにしますが、ネタバレにはご注意ください。

プレイ日記

キャラクターメイキング

最初に主人公の性別、見た目、名前を選択します。



見た目といっても、髪、肌、目の色(カラー)の変更しかできません。
とりあえず、私はデフォルトカラーの女の子にしました。

前作に比べて、キャラクターデザイン(髪型)が微妙・・・
まぁ、ゲームを進めると「伝説のビルダーの帽子」というアイテムで、前作の主人公の髪型にできるみたいなので、それまでの辛抱です。
(前作のセーブデータまたはトロフィーが必要)

あ、性別、カラー、名前についてもゲームを進めると変更できるようです。

「・・・・・・勇者よ」

「世界を救いたもう若き勇者よ」

え、私、勇者?

「今こそめざめのときです。さあ 目を おあけやがりなさい・・・!」



・・・この骨!



とりあえず、がいこつ剣士の話を聞き流して辺りを探索すると、ハーゴン教団の船にいるようです。

いきなり敵地!

とは言ってもまずはチュートリアル。

がいこつ剣士の命令に従いつつ、基本操作を覚えた後は船が難破して自由の身です。


からっぽ島

1日目

からっぽ島で目覚めると、「シドー」と名乗る記憶喪失の少年と出会います。

シドーは戦闘や素材集めを手伝ってくれます。



また、一緒に船に乗っていた少女「ルル」と合流し、部屋や料理を作ることになります。



料理はたき火に食材を入れて、しばらく待つシステム

食材は一つずつしか調理できない点が面倒に感じましたが、ゲームを進めると仲間に料理してもらえるようになります。

とりあえず、海岸で採ったモモガイをたき火で炙って「ルル」にあげます。



・・・本当に美味しいの?

ともかく、わらベッドを3人分作って、軽く運動した後に寝ることにしました。

2日目

この日は、ルルの焼きモモガイをとった白いおおきづち「しろじい」と追いかけっこ。



その後、「しろじい」からは神殿の修理を依頼され、修理が完了するとからっぽ島がもらえました!

何もない島をもらっても・・・と思っていると、さすがのルルさん(略してさすルル)。
すかさずツッコみます。



それに対して、「しろじい」は他の島から物を作る素材と、一緒に島を開拓する仲間を探すことを提案。

タイミングよく、船が島にやってきました。渡りに船!



船長さんと話すと、モンゾーラ島に行けるようになります。



ヒゲがダンディな美男子・・・
嫌な予感しかしない。
スポンサーリンク

モンゾーラ島

探索

モンゾーラ島に到着!



島を探索していると、マンドリルに襲われていたアラレちゃん「チャコ」を保護。

自分はビルダーで、仲間を探しにきたことを伝えると・・・



おかしい人扱い!

とにかく、農園についてくるように言われたので、ついていきます。

農業



ほぼ廃墟ですね。

ババンゴの実とやらのせいで土がくさっているらしいです。

「チャコ」の夢は大農園を作ること。

からっぽ島でも農園は必要ですし、農園作りに協力します。



まずは、かかしや水場を作り、キャベツを収穫!



しかし、収穫はできたものの、まだまだ廃墟です。

これからこの農園を発展させていきます。
ワクワクしますね。

魔物襲来

クエストをこなして住人を増やしたり、設備を充実させていくと、拠点に魔物が襲来します。

魔物は畑を狙ってきますが、私は農園の周りを木の壁で囲いました。



これで簡単には侵入できません。


風呂

住人からの要望で風呂を作り、早速、入浴すると・・・



何この覗き軍団
(住人は新しく作った部屋に集まる習性があります)

アレする部屋

住人からの要望でアレする超小さい部屋を作りました。



アレをビルド(笑)

ちなみに、つぼから回収できるアレは肥料の材料になります。

水路

土のまわりにみぞを作って、そこに水を流しておくと土が渇かなくなるとの情報を得たので、水路を作りました。

住人が畑の水やりをしなくてもよくなります。



また、泥水をきれいな水に入れ替えて、水路の上には格子を設置して歩けるようにしています。

一旦完成!

モンゾーラ島のボスを倒し、一旦完成した農園がこちらです。



もっと凝った農園にしたい気もしますが、ストーリーを進めて作れる物を早く増やしたいので、モンゾーラ島での農園作りはここまでにします。

前作では章を進めると前のステージには戻れなかったのですが、今作では戻れるようになったので、また後でリフォームしに戻るのも良いですね。

からっぽ島の開拓開始

みどりの開拓地

モンゾーラ島の仲間と一緒にからっぽ島に戻ると、お留守番していた「ルル」が出迎えてくれます。
(モンゾーラ島のストーリーだけでもボリュームがあったので、忘れていたことは内緒)



そして、「しろじい」のところに仲間を連れていくと、からっぽ島の「みどりの開拓地」を開拓していくことになります。

渇いた不毛な土地が・・・



この通り!



まぁ、まだ川を作って一部を緑化させただけですが・・・

前作では水を自由に設置することはできなかったのですが、今作から「マインクラフト」のように水を自由に設置できるようになりました
水を利用したお洒落な拠点が作れそうですね。

そざい島

からっぽ島の開拓が始まると、素材集めに最適な「そざい島」に行けるようになります。



そざい探しでボーナスもありますが、そざい島で集められる素材はランダムで変わるので、何回か出入りする必要があるかもしれません。

この要素はちょっと面倒に感じました。

編集後記

ここまでプレイしてみた感想としては、神ゲーです!

大きなマイナスポイントもなく、丁寧に作られている印象。
そして、止めどきを見つけるのが大変です。

2018年最後に良いゲームが発売されました。

次は鉱山の島「オッカムル」でのプレイ日記です。
下記からどうぞです。
以上、いろはでした。
スポンサーリンク

Pocket