[Outward]ある冒険家の手記6~マナの石を求めて~

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回はPS4「Outward(アウトワード)」の下記プレイ日記の続きです。

スポンサーリンク

ある冒険家の手記

盗賊のキャンプ

防寒対策で装備を新調した結果、手持ちが少なくなった。

マナの石は高く売れる。

交わりの山でマナの石を採掘、周囲を探索していると盗賊のキャンプを見つけた。

入口の前に仕掛け線の罠を設置。
盗賊をおびき寄せて倒していく。



トログロダイトが持っていたキノコのハルバードを試してみたが、毒を与えることができるようだ。
耐久性は不安だが、軽装の相手ならこれで十分かもしれない。

盗賊の刑務所

全ての盗賊を倒し、石造りの建物の中に入るとそこにはウェンディゴが囚われていた。



ウェンディゴが吠え、その鋭利な爪を私に伸ばす。
鉄格子がなければ彼の夕飯になっていただろう。

弓矢でウェンディゴを倒し、戦利品を探す。

チェストからは残忍な斧鋼の盾などの武具が見つかった。
どれも耐久性が高く、使えそうだ。
スポンサーリンク

タラスクリーバー

シエルツォの街に戻り、不要な武具や宝石を売却した。

新しい装備を買うことも考えたが、強力な斧を手に入れたので、カザイトの訓練士オダに片手斧の扱いを習うことにした。



銀貨50枚と引き換えに教わった技はタラスクリーバー。

下段攻撃によって敵の機動力を低下させる技だ。

ターミップのポタージュ

再び交わりの山でマナの石を探していたが、風邪を引いてしまった。

焚き火で体を暖め、ターミップのポタージュを食べる。



ターミップのポタージュはマナ回復成分を含み、さらに風邪を癒す効果もある具だくさんのスープだ。

材料のターミップは交わりの山付近でも自生している。
いくつか採取しておこう。

不思議な錆びた剣

交わりの山の頂上で不思議な錆びた剣を見つけた。

そのままでは使えないが、何か力を秘めているように感じた。

剣を抜き、近くに潜んでいた岩カマキリから逃げる。


Gep

岩カマキリから逃れ、山を下りていく際に足を踏み外した。

地面に倒れていると、誰かが近くにいるのを感じた。

「おい、そこの人! まだ死ぬ時じゃないぞ。側を離れるな。あんたの面倒を見てやる」

ゆっくり目を開けると、近くで焚き火が燃え、その横にメモと謎の瓶が置かれていた。



少し前まで誰かがここにいたような気がするが・・・

編集後記

不思議な錆びた剣を手に入れたり、謎の人物Gepさんに遭遇したり、ストーリーは薄味なものの、冒険している感が楽しい!

なかなか最初のケルソネス地方から離れられません。

以上、いろはでした。
スポンサーリンク

こちらもどうぞ