[タウンズメン]プレイ日記20~王様の賭け~

2021年2月6日

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回はPS4/Switch「タウンズメン」の下記プレイ日記の続きです。

スポンサーリンク

プレイ日記

王様の賭け

今回、攻略していくシナリオは「王様の賭け」!



大公と賭けをしている王様を勝たせるため、1年間で大きな都市を築き上げるシナリオとのこと。
久しぶりの期限付きシナリオですね。

マップサイズは中で難度はハードとなっています。

急げ!

王様からカンターボロ大公との賭けについて説明されました。



まずはマップの確認です。



マップサイズは中となっていましたが、シナリオクリアを目指すだけなら十分な土地、森や湖も多く資源についても問題なさそうです。

次は建築済みの施設の確認です。
  • 木こり小屋×1
  • 狩人の山小屋×1
  • 農場×1
  • 大都会×1
  • 家×2
  • 漁師小屋×1
  • 製材所×1
  • 採掘所×1
最低限の施設は揃っていますね。
とりあえず季節が冬から開始しているので、農場のタウニーは羊毛の生産に割り当てです。



そして王様や顧問、商人から提案が続々と・・・!
  • 工具職人の工房×1
  • 漁師小屋×1
  • 狩人の山小屋×1
  • 市場×1
期限があるので、とりあえず指定された施設から建てていった方が良さそうです。

まずは市場を建てました。



これで、今は使い道のない羊毛や皮を売れる!
スポンサーリンク

あきらめるな

人手が足りなくなりそうだったので、中型の家の建設を始めようとしたところで、タウニーから教会の要望がありました。



中型の家を建てた後、木こり小屋と教会を建設、信仰満足度が上がった分 税率を調整。



より早く発展させるためにも資金が必要なのです・・・!

のどの渇きをいやす

タウニーが増え、より多くの食料が必要になりましたが、狩人の山小屋と漁師小屋の増設が完了したところで、宴会の提案がありました。



魚と肉の生産を待つ間、工具職人の工房の建設に向けて炭焼き釜、精錬所の建設を開始です。



そして、羊毛を売りすぎて羊毛の価値が暴落、春になったので農場は小麦の生産に切り替えました。



ここまでで肉と魚は十分に生産されましたが、できればパンも生産できるようにしたいところです。

いとしの我が家

工具職人の工房や酒場、大工店が完成したところで、家を増設することになりました。
  • 大都会×2
  • 家×4


中型の家をメインで増やしていましたが、その分がカウントされない罠・・・!



木こり小屋や井戸、漁師小屋と併せて家の増設が完了しましたが、急ぎすぎました。
職場が足りない・・・

さらに、職場を増やそうと馬上槍闘技場や風車の建設を開始しましたが、資金も厳しい(計画性)

名誉を使ってデコレーション追加、デコレーション満足度を上げて増税することにしました。


大きな取引

増税によって持ち直し、王様から要望されていた国庫も完成!



国庫完成までに時間がかかったこともあり、徴収された税金がオーバーキル。

税率190%でも幸福度100%以上を維持できるようになりました。


エデンの園

再び冬になり、商人に要望された金細工職人の工房の建設を始めました。



そして工房が完成すると、宝石×25を用意することに。

大公との賭けの期限が迫ってきており、資金的には余裕があるので、商人から宝石を購入して時短しました。



そして、王様からは人口50人以上とするように命じられましたが、既に人口60人で達成、シナリオクリア!


編集後記

久しぶりに制限時間のあるシナリオだったので、焦りから途中で危うい場面もありましたがクリアできました。

制限時間のないシナリオの方がのんびりできて好きですが、たまには制限時間ありも緊張感があって面白いですね。

続きは下記からどうぞです。


以上、いろはでした。
スポンサーリンク