[タウンズメン]プレイ日記2~交易所~

2020年3月7日

Pocket

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回はPS4/Switch「タウンズメン」の下記プレイ日記の続きです。

スポンサーリンク

プレイ日記

交易所

チュートリアルを終え、今回からシナリオモードです。
最初のシナリオは「交易所」!



商人や騎士との取引で街を繁栄させるシナリオのようです。

マップサイズは小で難度はイージー、チュートリアルで覚えた内容のおさらいに丁度良さそうです。

破片に注意

開始すると、旅の商人から市場の建築用に木製の厚板×30を用意するよう依頼がありました。

しかし、まずはマップの確認です。



マップサイズは小さいものの、平坦で道も整備されており建築はしやすそうです。

次は建築済みの建物を確認!
  • 家×3
  • 木こり小屋×1
  • 狩人の山小屋×1
  • 市場×1
  • 農場×1


手の空いているタウニーが2人いたので、1人は農場に追加で配置、もう1人には製材所の建設を始めてもらいました。


天にも昇るような気持ち

製材所が完成し、木製の厚板を用意した後、酒場を作ることになりました。



「小さな街の家」を建築して労働力を確保した後、漁師小屋と酒場の建築を開始しました。
ちなみに、漁師小屋まで道路を敷いてタウニーの移動速度を向上させています。



そして、レベル13になったので、「より多く運べる住人」の研究を開始しました。



物流加速は嬉しい!
スポンサーリンク

大きな取引

酒場の建築が終わり、今度は貿易で1500ターレルを稼ぐという目標が提示されました。



色々と建築して資金的にも厳しくなってきたので、そろそろ稼げる産業を興したいところです。

まずは余っている木製の厚板や石材、羊毛などを売って資金を確保した後、養豚場と肉屋の作業場を建設、ソーセージで稼ぐことにしました。



しかし、冬になり豚の飼育に必要な小麦やソーセージに必要なハーブが育てられなくなりました。

仕方ないので市場で小麦とハーブを仕入れ、完成しているソーセージを売却!
黒字にはなりましたが、春が待ち遠しいところです。


リスのように

春になって小麦とハーブを生産できるようになったので、農場のアップグレードを行いました。



タウニー3人を配置し、小麦と羊毛、ハーブを同時に生産できるようになりました。
(アップグレード前に配置可能なタウニーは最大2人)

そして、主にソーセージで1500ターレルを稼いだ後、布×35と鉄×50を用意することになりました。

稼いだお金で織布工場、炭焼き釜、精錬所を建設!



徐々に軌道に乗っていって楽しい!

どうぞ召し上がれ!

また冬になり、布と鉄の次は下記を用意することになりました。
  • 工具×25
  • 魚×25
  • パン×25


既に漁師小屋と工具職人の工房はあるので、問題はパンです。

冬なので小麦の生産はできませんが、春のパン祭りをするために風車とパン屋の建設を始めました。

キャラバンルート

この後も馬上槍闘技場の建設やぶどうジュースの用意を行い、ついに最後のクエスト!



この地を去る前に貿易で2500ターレルを稼ぎます。

ソーセージや衣服、武器などの高く売れる物を売って無事にクリアできました。




編集後記

最初のシナリオで難度イージーの割には、軌道に乗るまでが難しかったです。

あと、今回は農場のアップグレードを試してみましたが、建物のアップグレードは資源以外に名誉も必要なので、タイミングが難しい・・・

続きは下記からどうぞです。

以上、いろはでした。
スポンサーリンク

Pocket