[ゴースト・オブ・ツシマ]プレイ日記一~時代劇アクションが面白い!~

2020年7月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回は2020/7/17発売のPS4「ゴースト・オブ・ツシマ」のプレイ日記です。

スポンサーリンク

ゴースト・オブ・ツシマとは

【PS4】Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ)


文永(十三世紀後半)、モンゴル帝国に侵略された対馬を舞台にした時代劇オープンワールドアクションアドベンチャーです。

日本が舞台のオープンワールドというだけでも珍しいですが、元寇(蒙古襲来)がテーマというのも新しい・・・!

アクションはあまり得意ではないので、とりあえず難易度「普通」で序盤を遊んでみました。

プレイ日記

襲来

ゲーム開始すると、蒙古との合戦が始まりました。



戦場を馬で駆る疾走感を味わっていると落馬。

仲間が次々と倒れていき、主人公「境井 仁(さかい じん)」の伯父「志村」が敵将「コトゥン・ハーン」に捕らわれてしまいました。

生き延びた仁は太刀を取り戻すため、盗賊「ゆな」と行動することに。



太刀を取り戻した後、槍兵との戦闘。

槍をかわして切り返し!



この時点では、槍による攻撃をガードすることはできませんが、槍兵の攻撃時に赤い光が出るので、回避のタイミングを計りやすくて良いですね。
剣技もカッコいい!

次に、伯父を救いに行くため馬を調達、今後のお供となる馬を3種類から選ぶことになります。



主人公は冥府から蘇った「冥人(くろうど)」ということなので、私は黒い馬を選択、名前は「影」にしました。
スポンサーリンク

金田城

伯父が囚われている金田城へ!



「一騎討ち」による一太刀で仕留めるアクションがカッコいい・・・!

そして敵将「コトゥン・ハーン」との戦闘へ。


武士の本懐

コトゥン・ハーンとの戦いに敗れ、仁は加勢を得ることにします。

ここで、対馬を自由に探索できるようになりました。



どこを撮っても画になる・・・
フォトジェニック!

風の流れを追えば、設定した目的地に辿り着くという見せ方も"粋"で素晴らしい!



とりあえず、「ゆな」の弟「たか」を救うという目的を設定し、蒙古の拠点に向かいました。

蒙古兵の後ろから近づき、「天誅」・・・ではなく「闇討」!
(「天誅」という忍者のゲームが好きでした)



ここでは「耳澄まし」で敵を強調表示することができました。
簡単に敵の位置を探ることができるのでありがたい・・・!



「たか」は移送されており、この拠点では救出できなかったものの、技量を獲得して新たな技を会得できるようになりました。



探索に役立つ効果が得られたり、闇討系の技などもあり、何から会得するか迷う・・・



最初は「攻め」の「回転」を会得。
ただ、後になって「守り」の技 重視にすれば良かった気がしてきました。

黒澤モード

腕が立ち、手を貸してくれるかもしれない人物「石川先生」に会うため、「日吉の湯」に向かうことにしました。

道中、黒澤明監督の時代劇から着想を得たという「黒澤モード」を試すと・・・



白黒フィルターが渋い・・・!

ただ、カラフルな景色も楽しみたいので、フィルター設定は元に戻しました。



フォトジェニック!(2回目)

石川之譚

石川先生に会い、「半弓」を手に入れました。



早速、石川先生と一緒に半弓を使って蒙古の拠点を襲撃!



半弓で遠距離から火事を起こしたり、戦い方の幅が広がりました。

また、ここまでの活躍で冥人の噂も広まり・・・



最大体力が増加、暗具「くない」を使えるようになりました。

どんどん武士の道からは外れていきますね。

今後も物語を完了させて冥人の噂が広まっていけば、「てつはう」や「煙玉」などの他の暗具も使えるようになるようです。

評価

難易度「普通」でここまで遊んだ感想としては、戦闘が難しすぎず、しかし緊張感のあるものとなっていて楽しいです!
死亡してもロード時間は短く、すぐリトライできる点も素晴らしい!まさに冥人!

もう少し先まで遊んでいますが、早く続きを遊びたいので、とりあえずプレイ日記一はここまでにします←

続きは下記からどうぞです。



以上、いろはでした。
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket