【PS4】[コナン アウトキャスト]あるミトラ教信者の手記15~要石とこれからの選択~

2018年11月11日

Pocket

小さな我が家へようこそ。いろはです。

追放の地を生きる男「無名(ムメイ)」の手記という形式でPS4「コナン アウトキャスト」をご紹介していきます。

これまでの物語は下記からどうぞです。


今回はついに最終回
追放の地を脱出するために要石を作成します。
ネタバレにはご注意ください。

スポンサーリンク


あるミトラ教信者の手記~15話~

混沌の入り口

トート=アモンが持ち去った「セトの蛇指輪」を除いて、追放の地にあるすべての遺物を回収できた。

後は要石を作れば、腕輪を外せる。

要石は名もなき街から北東、「混沌の入口」にある祭壇を遺物で満たせば作ることができる。

混沌の入口のマップ画像

混沌の入口の画像

混沌の入口の祭壇は高所にあるため、登山手袋登山ブーツがあると登りやすい。

混沌の入口の祭壇の画像

要石

巨人の王の王冠。

魔女王の仮面。

勇者の星。

砂漠の心。

二種族の涙。

輝くトラペゾヘドロン。

回収した遺物で祭壇を満たすと、要石ができた。

要石の画像

スポンサーリンク


これからの選択

この要石で腕輪を外し、追放の地を脱出することができる。

しかし、私の心には迷いが生じていた。
この地で出会った人々の言葉を思い出す。


「だが自由は この地で得られるすべてを 諦めることを意味する」
記録管理者の言葉。


「この腕輪の目的は 言葉を翻訳したり 帝国内を素早く移動したり 石碑を通じて連絡や記録を可能にしたりすることだった」
シェムのラズマの言葉。


「選択を迫られるだろう ここに残って物語の英雄になるか ここを離れてその機会を完全に失うかだ」
「それを手元に置いておけ 奴らがそれを目指して近づいてきたら 喉元に一発かましてやるんだ」
コナンの言葉。


「お前は粛清されるのだ!」
三頭官の杖の言葉。


「できれば呪塀を止める方法を見つけて欲しい 俺たち全員を解放するために」
ブラガの言葉。


「そなたと余が手を組み 軍勢を率いて 報復のために蜂起するのだ!」
メク=カモセスの言葉。


「この地に来る以前の明確な記憶はあるか?」
氷神の巨人のはぐれ者の言葉。



追放の地を脱出するにあたって、気がかりなことがある。
本当にこのまま脱出しても良いのか。

私の考えが正しければ…



…少し疲れた。

今は酒が飲みたい。

セぺルメルの街で「ラクダの小便みたいだ」と軽口を叩きながらコナンと飲むのも良いだろう。

いずれは自分で酒場を経営してみるのも良いかもしれない。
地図の部屋を作り、腕輪の力を利用すれば、各地にある酒の材料を短時間で仕入れることもできる。

そんなことを考えながら、私はセペルメルの街に向かって歩き出した。

~完~

編集後記

7話あたりから攻略日記になりましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

ここでは腕輪を外すのを保留することを選択しましたが、腕輪を外した場合のエンディングを確認するときはセーブデータのバックアップを取っておきましょう。

あと、実は触れていない話もあったりしますが、それは自分の目で確かめてみてほしいです!
(攻略本風味)

「コナン アウトキャスト」では遺物は放っておいて、自由に建築だけして生活したりすることもできるので、今後は新しくキャラを作り直して、建築日記を増やしていくことを考えています。
番外編を書くとかも考えていたのですが、建築のしすぎでセーブデータがロードできなくなってしまったのもあり…)

ということで、よかったら建築日記もどうぞです。

以上、いろはでした。

スポンサーリンク

Pocket