[あつまれ どうぶつの森]プレイ日記1~無人島を開拓!スローライフはじめました~

2020年3月22日

Pocket

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回は2020/3/20発売のSwitch「あつまれ どうぶつの森」のプレイ日記です。

スポンサーリンク

あつまれ どうぶつの森とは

あつまれ どうぶつの森 -Switch


無人島を舞台にどうぶつ達とまったり生活するゲームです。

今作では集めた素材からアイテムを作る「DIY」などができるようになっています。

無人島開拓日記

無人島移住パッケージ

ゲームを開始すると、無人島移住パッケージのガイドを務めている「たぬき開発」のまめきちとつぶきちが迎えてくれました。



まずは手続きということで、名前、誕生日、見た目を決めていきます。
(見た目は肌の色や髪型、目、鼻、口、チークを組み合わせて決定)



次に北半球と南半球どちらのエリアにするかを決めます。

あえて南半球にするのも面白そうな気もしましたが、混乱しそうなので私は日本と同じ北半球にしました。
(北半球は日本と同じように季節が流れ、南半球では季節が逆転します)

次に移住先の島を4つから選択します。



悩ましいところですが、フィーリングで右下の島にしました。

最後に無人島にひとつだけ持って行く物について答えたらチャーター便で島に出発!





島到着までに流れるイメージ映像が素敵・・・!

オリエンテーション

島に到着後、広場で無人島生活のオリエンテーションが始まりました。



まずは寝床の確保ということで、テントを好きな場所に張ることになり、迷いましたが海の近くにしてみました。

ここなら後々、砂浜でBBQができる・・・!



そして、一緒に無人島にやってきた「ちょい」、「オズモンド」のテントの設置場所も決めました。
両さんがいるけど、私は気にしない・・・)


キャンプファイア

全員のテントの場所が決まり、広場に戻ると親睦会も兼ねたキャンプファイアの準備が始まりました。





採取した「きのえだ」と「さくらんぼ」をたぬきちに渡してキャンプファイア開始!

ここで島の名前を考えることになりました。

名前考えるの苦手なんですよね・・・
「シム」島で。



おぉ・・・呼び方まで決められる!

シムアイランド・・・ないので「シムとう」でお願いします。

島の名前が決まり、さくらんぼジュースで乾杯!



両さん・・・!

キャンプファイアを楽しんだ後、テントで眠ると「とたけけ」が現れ、これからは現実と同じ時間で進行することを教えてくれました。



平日は基本的に夜だけになりますね・・・
スポンサーリンク

たぬきマイレージプログラム

翌朝、テントにやってきた たぬきちから移住パッケージ専用スマホが支給されました。



徐々にアプリが追加されていきます。

そして・・・



やはり来た!
また借金かと思いましたが・・・



今回は「たぬきマイレージプログラム」というポイントシステムがあり、下記のように色々な行動をすることでポイントが貯まって移住費用の支払いにも利用できるとのこと。
  • 昆虫採集
  • 釣り
  • ガーデニング
  • ショッピング
  • インテリア設置
  • 写真撮影
お得なようなやはり胡散臭いような・・・

とにかく新生活スタートです!


DIY

まずは改めて島民に挨拶回りしていると、両さんからテントの場所探しのお礼にとチューリップハットを貰いました。





次に広場の案内所に行ってDIYのやり方を教えてもらいました。



「ショボいつりざお」と「ショボいあみ」をDIY!

ショボい道具は壊れやすいようです。


釣りと採取

早速、釣りと昆虫採集をやってみました。





そして、案内所でたぬきちに生き物を預けてお礼を貰いつつ、いらない物を売却!



たぬきちに生き物を5種類 預けたところで、博物館の館長「フータ」さんのテントの場所を決めることになりました。



場所を決めると、フータさんは翌日にはやって来るとのこと。
フットワーク軽い・・・!

マイホーム相談

この後もテントの中にSwitchなどを置いたりしてマイルを貯めていきました。



そして移住費用の支払い完了!

すると、たぬきちからテント生活の具合について質問されました。



来るか・・・!?

ここは「サイコー!」を選択してテントで満足していることにしました。



強制的にマイホームを建てられることはないようです。

テントもキャンプ感があって良いのですが、物を置くスペースが限られているのでマイホームを建てることにしました。



翌日にはマイホーム完成・・・

大丈夫?
耐久性、大丈夫?

買っちった

ローンを組むことになったばかりですが、DIYで作った物を売ったりして稼いだお金でディレクターズチェアを買っちゃいました。



屋外にも物が置けて良い・・・!
よりキャンプ感のあるアイテムを集めていきたいところです。

ちなみに、近くにはテント内に置けなくなった虫や魚がずらり。



翌日、フータさんが来るのでまとめて持って行きます。

編集後記

私がこのシリーズを遊ぶのは3DS「とびだせ どうぶつの森」以来ですが、DIY要素が面白いです。

基本的に素材そのままよりもDIYで作った物の方が高く買い取ってもらえるという点も良い!

しずえさんがいつ出てくるのか気になりますが、少しずつ島を開拓していこうと思います。

続きは下記からどうぞです。

以上、いろはでした。
スポンサーリンク

Pocket