[十三機兵防衛圏]ロボットシミュレーションバトル×青春SF群像劇を体験!製品版の発売が待ち遠しい!~

Pocket

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回は2019/10/30に配信開始したPS4「十三機兵防衛圏」の体験版の感想です。

既に製品版を予約済みでしたが、体験版のセーブデータを引き継げるようなので遊んでみました。

スポンサーリンク

十三機兵防衛圏とは

十三機兵防衛圏 【先着購入特典】PS4『プリンセスクラウン 復刻版』DLC(今冬配信予定)を含む豪華4大先着購入特典 同梱 – PS4


舞台は架空の日本。

13人の少年少女が主人公の群像劇となっており、ロボット「機兵」に乗り込んで街を襲う怪獣と戦うことになります。

ゲームでは下記3つのパートで構成されています。
  • 追想編(13人の主人公それぞれの視点で過去の物語を追うアドベンチャー)
  • 崩壊編(機兵を駆って怪獣と戦うシミュレーションバトル)
  • 究明編(謎に満ちた物語を時系列などで整理・確認できるアーカイブ)

感想

追想編

美麗なグラフィック&表現

ゲームを開始して最初に思うのが、グラフィックが綺麗ということではないでしょうか。



ノスタルジックな色彩が私にはストライクでした。
スクリーンショットを撮りまくっていたら枚数が凄いことに・・・

そして、会話シーンのバックログを確認してみると、台本のようになっていてこの表現も新鮮でした。


謎が謎を呼ぶ群像劇で続きが気になる!

各主人公のパートは大体5~10分程度。
気になるところで「To Be Continued」となり、他のパートを進めていくことになります。



体験版ではあまり分岐はなさそうでしたが、行動によってストーリーに変化があるようです。



ちなみにこの選択肢、まどマギのキュウべぇを彷彿とさせたので、私は「拒否する」を選んでみました。
スポンサーリンク

崩壊編

戦闘は初代PSの名作「ガンパレード・マーチ」のような画面となっています。



機兵は世代によって兵装や特徴が異なるので、敵や状況に応じて操作していく必要があって面白いです。
  • 近接格闘型(第一世代機兵)
  • 万能型(第二世代機兵)
  • 遠距離型(第三世代機兵)
  • 飛行型(第四世代機兵)
基本的にはリアルタイムで進行しますが、行動を選択する際は時間が止まるので、落ち着いて戦うことができて良かったです。

究明編

究明編ではミステリーファイルの他、時系列でストーリーの流れを確認できて便利でした。





追想編は主人公ごとに時代や舞台が異なる群像劇なので、物語の考察や整理をするときに使えそうです。

編集後記

戦闘は面白いですし、どの主人公も魅力的で物語の続きが気になりました。

製品版の発売が楽しみです。

以上、いろはでした。
スポンサーリンク

Pocket