[ザンキゼロ]シガバネシステムが斬新!サバイバルRPGをレビュー!

Pocket

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回、ご紹介するゲームはPS4「ザンキゼロ」!

PlayStation Storeでセール中だったので、「戦場のヴァルキュリア4」と一緒に買ってみました!
(積みゲーがどんどん増えていく・・・)

難易度高めだけど、面白い!

スポンサーリンク

「ザンキゼロ」とは

「ダンガンロンパ」のスタッフによる1人称視点のサバイバルRPGです。

ストーリー

舞台は人類滅亡後の孤島「ガレキ島」。

「ガレキ島」で目覚めた人類最後の生き残りである8人は全員クローン人間

クローン人間の寿命は13日前後。

しかし、謎の機械「エクステンドマシン」で何度でも生き返ることができます。

8人は何度も死と再生を繰り返しながら、謎のテレビ番組「エクステンドTV」から出される「人類再生ミッション」に挑戦することになります。


ゲームシステム

シガバネシステム

「エクステンドマシン」では、死因に応じた耐性を付与することができます。

つまり、生き返るたびに強くなっていく、斬新なシステム


スキル

レベルアップ時に得られるSPを消費して、キャラクター毎に好きなスキルを習得できます。

戦闘系・サバイバル系・クラフト系などがあり、バランスよく取得しても良いし、得意分野を伸ばしても良い!


ベース拡張

廃墟探索時に集めたアイテムでベースの施設を拡張できます。
施設名 説明
倉庫 アイテムを保管できる。
工作室 アイテムが作れる。
寝室 眠ると悪臭がとれ、生命力が回復する。
調理室 料理が作れる。
トイレ 便意を解消する。
施設のレベルを上げることで、作れる物が増えたり、快適になったりします。

ちなみに、アイテムには重量制限があり、探索で死亡するとアイテムを落としてしまいます。
私は倉庫を後回しにしてしまったので、倉庫ができるまで、一時的にベースの周りに物を置いていたらこんな状況になってしまいました・・・


廃墟探索

探索する廃墟は登場人物たちの過去に関わる場所。

そこでは、装備やクラフト素材などの他、エクステンドマシンの拡張パーツが手に入ります。


スポンサーリンク

「ザンキゼロ」の感想

悪かった点

戦闘時の選択肢が少ない

敵への攻撃方法は、基本的に通常攻撃とチャージ攻撃だけです。
(「クリオネ」という攻撃手段もありますがハイリスク、飛び道具も消耗品が必要で使いづらい・・・)

そのため、敵に袋小路まで追い詰められてしまうと、殴り合いになります。

「不思議のダンジョン」シリーズだったら、状況を打開する方法を考える楽しさがあるのですが、リアルタイム戦闘なので難しい・・・

老化が早い

廃墟のフロアを移動するたびに時間経過・老化するため、寿命で死亡することが多いです。

全員が生きている状態でなければ開かない扉「ザンキハッチ」があるので、ベースとザンキハッチを往復しなければならないときがあり面倒・・・


下ネタが多い

嫌いではないですが、「ダンガンロンパ」シリーズと同様、下ネタが多いです。
(主にエクステンドTV)


良かった点

謎に満ちたストーリー

なぜ8人はガレキ島に集められたのか、本当に人類は滅亡したのか、人類再生ミッションの行方は?

登場人物の過去は陰惨なものが多いですが、続きの気になるストーリー展開が続き、引き込まれます。


シガバネシステムによる強化、できることが増えていく楽しさ

アイテムを集めて、作れる物やできることが増えていくのはサバイバル系ゲームの面白い要素ですね。



それに加えて、シガバネシステムによるキャラクター強化が斬新!

難易度は高めですが、何度も繰り返しダンジョンに挑戦、クリアしたときの達成感は「不思議のダンジョン」シリーズに通じるものがあります。

まとめ

人を選ぶゲームですが、良くも悪くも「ダンガンロンパ」シリーズのスタッフらしいゲームです。

気になったら是非やってみてほしいです。

以上、いろはでした。
スポンサーリンク

Pocket