【合格体験記】PM未経験でも合格できる!情報処理技術者試験(プロジェクトマネージャ)

2019年10月20日

Pocket

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回は、私が情報処理技術者試験のプロジェクトマネージャ試験に合格したときの体験記です。
これから、この試験を受験される方の参考になれば幸いです。

ちなみに、下記が私の合格証書です。
私にプロジェクトマネジメントの経験はありませんでしたが、合格できました。
大変でしたが、会社から報奨金が貰えてホクホクです。

スポンサーリンク

午前試験の対策

午前は午前1試験、午前2試験がありますが、過去問からの流用が多いので、基本的に過去問を繰り返し解くのが有効です。

午前試験の過去問は市販の参考書の他、IPA(情報処理推進機構)のホームページからもダウンロードできますが、私のおすすめはスマホのアプリです。
電車の中など、空き時間に手軽に対策できます。

プロジェクトマネージャ 過去問
株式会社龍野情報システム
App Storeからダウンロード

 

なお、午前1試験は免除されていることが望ましいです。
免除されていれば、余裕をもって試験会場まで行けるので有利です。

免除条件は下記のいずれかを2年以内に満たして、受験申し込み時に申請していることです。

  • 応用情報技術者試験に合格
  • 高度試験に合格
  • 高度試験の午前1試験で60点以上を取る
詳細はIPAのホームページをご確認ください。

午後1試験の対策

午前試験と同様、午後1試験も過去問を解くのが有効です。

なお、予想問題集ではなく、過去問の方が良いと思います。
その理由は、予想問題集の解答はIPAの公式の解答ではないからです。
IPAの考え方と大きくずれることは少ないと思いますが、それよりは、過去問の公式な解答について、どうしてその解答になるのか、詳しく解説している参考書の方が良いと思います。

私が使用した、おすすめの参考書は詳しい解説がされている下記です。

情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2018年版


メジャーな参考書なので、ご存知の方も多いと思います。

過去問を解いた後は採点して終わりにするのではなく、解説をしっかりと読み込み、自分の回答ではなぜNGなのか、なぜ解答例のようになるのかを理解することが大事です。

理解が深まってくると、午後2試験で論述する際に使えそうな、あるあるネタが散りばめられているように感じてくると思います。

午後2試験の対策

午後2試験はプロジェクトマネージャー試験で一番の難所、論述試験です。

しっかりと対策しておかないと、全然書けません。
指定文字数を書けても、出題者の期待している論述になっていなかったり、自分の経験をひたすら書いただけのものになると思います。

サンプル論文を読む

私の場合、プロジェクトマネジメントの経験がなかったため、まずは、サンプル論文をいくつか読み、どんな内容を書けば良いのかを確認しました。

午後1試験対策の方でご紹介した参考書でも、午後2試験のサンプル論文が収録されていましたが、もっとサンプル論文が読みたかったので、下記の第4版の参考書も使用しました。

プロジェクトマネージャ合格論文の書き方事例集 第5版 (合格論文シリーズ)


サンプル論文だけでなく、どのような点に注意して論述しなければいけないのかも記載されています。
オススメの参考書です。

とにかく一本、書いてみる。オススメのテーマは「兆候」!

次に私は、過去問の中から一本、時間無制限・サンプル論文の参照ありで汎用性の高いものを書いてみました。
選んだ問題は、平成22年度の問3「システム開発プロジェクトにおける進捗管理について」です。

これを選んだ理由としては、兆候について質問されていたからです。
具体的には下記の理由になります。
  • 過去問の出題傾向から、何らかの問題の兆候を把握することについて、よく問われているように分析した。
  • 何らかの問題の兆候を把握・予防することで、問題を実際に発生させないようにすることは、プロジェクトマネージャーとして必要な能力であり、汎用性の高い論述を用意できると考えた。
例えば「Xの観点で、どのような管理を実施したかを述べよ」のような、直接、兆候について質問されていない場合でも、「Xの観点でYの問題が発生しないように、Zを重点的に管理するようにした。具体的には・・・」のように兆候を把握しようとしていたという話を展開できます。
実際に、私はこのような方式で論述したところ、合格できました。

試験本番では2時間で2000文字程度を書かなければいけないので、手が疲れにくいシャーペンを用意しましょう。

パイロット シャープペン ドクターグリップ フルブラック HDGFB-80R-B 0.5mm ブラック

一本書けたら、後は練習!

時間無制限で汎用性の高いものを書けたら、次は同じ問題で2時間で書けるように練習です。
自分がどの位のペースで書けるのかを把握しておくことは、本番試験での時間配分を考える上でも重要です。

論述に慣れてきたら、他の問題でも練習です。

最後に

試験当日はあきらめないことが大事です。
私の場合、午後2試験で不合格と自己採点していたので、合格発表日、期待せずに成績照会したら合格していて驚きました。

ご参考になれば幸いです。

以上、いろはでした。
スポンサーリンク

Pocket