[PS4]ヒットマン2を評価!シリーズの魅力とは?

2019年5月25日

Pocket

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回は2018/11/15発売のPS4「ヒットマン2」のキャンペーンモードを全てクリアしたので、その感想を書いてみます。

実は私、「ヒットマン」シリーズはPS2「ヒットマン:サイレントアサシン」の頃からの大ファンです。
ということで、シリーズの魅力についても触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

「ヒットマン」シリーズとは

伝説のヒットマン「エージェント47(フォーティ―セブン)」となり、サンドボックス型のステージでターゲットを暗殺していくステルス系のゲームです。

任務達成の方法は多岐にわたり、例えば下記のような方法があります。
  • スナイパーライフルで遠距離から狙撃
  • ナイフ1本でスタイリッシュに決める
  • 高所から突き落とす
  • 重量物を落として下敷きにする
  • ターゲットの飲食物に毒を混入する
  • 爆発物をデリバリー
  • 細工をして事故に見せかける
また、ステルス系ゲームでありながら、アサルトライフルやショットガンなどで正面突破も可能な自由度の高いゲームです。
(大勢の警備員やボディーガードに追われることになるので大変ですが)

そして、シリーズ最大の特徴が「変装システム」!

基本的にターゲットがその辺をうろついているということはなく、近付くためにはボディーガードや医師などに変装する必要があります。

変装すれば、ターゲットのすぐ近くを堂々と歩けるようになったりする点が他のステルス系のゲームとの違いだと思います。

下記は「ヒットマン2」で床屋に変装してターゲットの髭を剃っているところです。

床屋に変装中の画像

ヒットマン2 – PS4

ヒットマン2の感想

悪かった点

日本語吹き替えなし

前作「ヒットマン」では日本語吹き替えがあったのですが、「ヒットマン2」では日本語吹き替えなしとなっています。

ミッション中は周囲の会話にも注意しながら行動したい場面がありますが、優先度の低い会話は表示されずに困るときもありました。

そして、字幕の翻訳の精度も微妙・・・

例えば、誰かを気絶させて見つからないようロッカーなどに隠したときは、下記のシステムメッセージが表示されました。

「死体を隠した」

いやいやいや、気絶させただけですから!

「○○を見つける」系の目標が設定されたステージがある

繰り返しプレイするほどに、色々な悪戯ができることに気付いたりして楽しくなる「ヒットマン」シリーズですが、今作では「○○を見つける」系の目標が設定されたステージがあります。

ターゲットの暗殺方法はプレイヤーが自由に選択することができるのに対して、「○○を見つける」というのは基本的に一本道で面倒です。

スルメゲーの「ヒットマン」シリーズで、このような目標を設定したステージは用意すべきではなかったと思います。
スポンサーリンク

良かった点

広いマップ

各ロケーション毎に特徴があって歩いていると楽しいです。
  • ニュージーランド(ホークスベイ)
  • アメリカ(マイアミ)
  • コロンビア(サンタ・フォルチューナ)
  • インド(ムンバイ)
  • アメリカ(ホイットルトン・クリーク)
  • 北大西洋(スゴール島)
ちなみに私のお気に入りロケーションはサンタ・フォルチューナ(村)とムンバイ(街)、ホイットルトン・クリーク(郊外)です。

下記はムンバイ。活気があってエキゾチックな感じ。

ムンバイの画像

下記はホイットルトン・クリーク。ホームパーティーをしていてのどかな雰囲気。

ホイットルトン・クリークの画像

そして、前作「ヒットマン」よりもマップが広くなっていて、色々と作り込まれています。
広くなったのにしっかりと作り込みされている点は凄い。

ただ、広くなりすぎて、繰り返しプレイにはどうなのかという懸念もあります。
前作「ヒットマン」位の広さが丁度良い気もしました。

ワールド・オブ・アサシネーション

前作「ヒットマン」を既に持っている場合は「レガシーパック」を無料でダウンロードでき、「ヒットマン2」で前作「ヒットマン」のステージが遊べるようになる予定とのことです。
(PS4版は2018年内に対応予定)

ヒットマン2で追加されたアイテムや人ごみに紛れるステルス機能などが前作「ヒットマン」のステージでも利用できるようになります。

日本語吹き替えはどうなるんだろう・・・?

まとめ

基本的に「ヒットマン」シリーズの面白さは共通して「自由度の高さ」にあると思います。

プレイヤーがその世界に介入して影響を及ぼすというのは、小説や映画にはないゲームならではの面白さがありますよね。

今作「ヒットマン2」で大きく良くなった点というのはあまり思いつかなかったのですが、それだけ完成されたシリーズと言えると思います。

「ヒットマン」シリーズ未プレイの方には、是非一度プレイしてみて貰いたいゲームです。

あ、「ヒットマン」シリーズ好きには「ディスオナード」シリーズもオススメです。
こちらはスチームパンクな世界観で、超能力を駆使してターゲットを排除していくものです。

Dishonored HD – PS4


よかったら下記のプレイ日記もどうぞです。
以上、いろはでした。
スポンサーリンク

Pocket