[フロストパンク]プレイ日記6~聖櫃(ニューマンチェスター)~

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回はPS4「Frostpunk(フロストパンク)」の下記プレイ日記の続きです。

スポンサーリンク

プレイ日記

道を探して

嵐に備えてオートマトンや生産施設、大きな貯蔵庫などを増設していると、ニューマンチェスターという街から生存者がやってきました。





ニューマンチェスターを偵察するため、「オートマトンスカウト」の研究をしました。

が・・・



スカウトは労働者×5と木材×40だけで編成できましたが、オートマトンスカウトは色々と必要になることがわかりました。
  • 鉄×60
  • 木材×60
  • 石炭×200
  • オートマトン×1
「オートマトンスカウト」の研究は編成できるスカウトの数を増やすメリットもあったので、3つ目のスカウトを編成してニューマンチェスターの探索を始めました。


死にゆく街

スカウトがニューマンチェスターを発見。



寒さの中で無防備な街。

自分たちには聖櫃を守るミッションがあるとは言え、見捨てるのも・・・

ということで、ニューマンチェスターを援助することにしました。

まずは鉄600ユニットと木材600ユニットをオートマトンに乗せて派遣。



一方、自分たちのミッションを危険にさらさないよう、エンジニアからは最低6機の街で稼働するオートマトンを維持するよう要求がありました。



既にオートマトンは11機あるので余裕!

エンジニアにはほぼワークショップで働いてもらっています。
スポンサーリンク

ニューマンチェスターのための食料

ニューマンチェスターに糧食2000ユニットの援助をする必要があり、「産業温室」の研究をしました。



自分たちが嵐を乗り切るための備蓄も必要なので、温室をアップグレードしつつ、調理場も増設。

オートマトンの効率も最大にしました。


ニューマンチェスターのための石炭

糧食2000ユニットをニューマンチェスターに送った後は石炭6000ユニットを援助することに。

ここにきて、援助に難色を示していたエンジニアに変化が。



ワークショップの効率アップ!

気温は下がり続けているけど、熱い展開・・・!

既に石炭は1万ユニット以上の備蓄があるので、早速 救援部隊を派遣しました。



後は自分たちのミッションに集中するだけ!



最終的にはオートマトン13機が街で稼働し、石炭8000ユニット、糧食500ユニットを集めたところでシナリオクリアとなりました。


編集後記

最初のシナリオ「新しい家」と同様、-150℃まで耐える必要があると思っていたのですが、資源を集めた時点でクリアとなったので少し拍子抜けしました。

ニューマンチェスターの援助はしない選択をしていたら、クリア自体はもっと楽かもですね。

以上、いろはでした。
スポンサーリンク

こちらもどうぞ