【ウィムジカルウォー】低コスト・速攻!ヒーローリーグでオーブ6000到達までのデッキと戦法を紹介![2018/8/22追記あり]

2018年8月22日

Pocket

小さな我が家へようこそ。いろはです。

下記の記事でもご紹介している「ウィムジカルウォー」ですが、遂にオーブ6000まで到達しました!


ヒーローリーグともなると、自分よりキャラクターを強化している相手と対戦することが多くなります。

今回は私がオーブ6000まで到達したときのデッキと戦法をご紹介します。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


デッキ

必要なキャラクターは下記のスクリーンショットの通りです。



各キャラクターの特徴を簡単に説明していきます。

クラーオ(ヒヨコ)

コスト1で4匹召喚できます。

体力は低いですが、範囲攻撃できないキャラクターと相性が良いです。
また、コストが低いので、ちょっとしたジンチ確保をしたいときにも丁度良いです。

前回ご紹介したデッキでも使用していたキャラクター。続投!

シェスカ(フェレット)

1回だけ範囲攻撃できます。

さらに、範囲内の相手ジンチを消して、一定時間は誰もジントリできないようにコーティングします。

主にクラーオ(ヒヨコ)の対処の他、スィーニ(エゾモモンガ)と合わせてピッチョ(カワラバト)やモルン(インドクジャク)の対処にも使われることが多いと思います。

スィーニ(エゾモモンガ)

1回だけ範囲攻撃できます。

さらに、ブラス(シロサイ)のダッシュ攻撃やリン(ヨーロッパオオカミ)の居合攻撃などのチャージ攻撃をキャンセルできます。

カアン(オオミミハリネズミ)の範囲攻撃と比べると範囲が狭いので、ダッシュ中のブラスに当てられるようになるには慣れが必要

テネ&スケートボード2(ネズミ)

召喚した場所から2体のテネが上下に移動するので、序盤のジンチ確保に使いやすいです。

また、最初に召喚して相手の両サイドどちらのサブタワーにも攻め込めるようにする目的でも使えます。

前回、ご紹介したデッキでは1体だけで使用していましたが、こちらの方が戦術の幅が広がると思ったので、今回は2体バージョンを採用!

テネ(ネズミ)

コスト2で3匹召喚できます。

移動速度がとても速く、邪魔が入らなければあっという間に相手のサブタワーまで到達します。

前回ご紹介したデッキでも使用していたキャラクター。続投!

今回は、召喚時の小技も対戦例で紹介します。

ツノマツ(アカシカ)

前方に向かってジャンプするタワー攻撃要員です。

ツノマツが確保したジンチにタワー攻撃用の主力を召喚する使い方が基本になります。

アグレ(ミナミイワトビペンギン)

1回だけ指定した範囲のキャラクターやタワーを凍結させ、一定時間は行動できないようにします。

以前はサブタワー攻略用にラファン(アマガエル)を使っていましたが、防衛には向かないので、攻撃にも防衛にも対応できるアグレに交代しました。

また、ルメル(シマスカンク)でも代替可能ですが、私の場合はアグレを採用してからの方が勝率が上がったような気がします。

ヒポタム(カバ)

メンバー中、コストが5と最も高いですが、体力や攻撃力が高く、さらにジンチポイントが相手より多いとダメージがアップする優秀なキャラクターです。

パワフ(ハイイログマ)やポー(ニワトリ)、アックス(ライオン)でも代替可能です。
ニーユ(イノシシ)のレベルが上がったら、交代しても良いかも(?)

前回ご紹介したデッキでも使用していたキャラクター。続投!

スポンサーリンク


戦法

概要

ジンチを広げつつ、タワー破壊を狙っていくスタイルです。

基本的には次のような流れです。

  1. クラーオやテネ、テネ&スケートボード2などの低コストなキャラクターで両端から進軍。
  2. 相手の出方を見ながら、ツノマツで相手のサブタワーに奇襲。
  3. ツノマツが確保したジンチにヒポタムを召喚、さらにアグレをサポートで召喚してサブタワーを破壊。

対戦例



ヒーローリーグで私よりプレイヤーランクが2高い相手との対戦を例にして、具体的な戦法を紹介していきます。
(私はランク12、相手はランク14の対戦例)



最初にクラーオを下に召喚した後、上にテネを召喚しました。

ここでは、テネを召喚するとき、サブタワーの後ろに召喚しています。
このように召喚すると、ばらけて移動を始めるので、相手のシェスカやスィーニでまとめて攻撃されるリスクを分散できるメリットがあります。

ちなみに、相手はテネ&スケートボード2を召喚して、両端から攻めてこようとしていますね。

さらに相手は中央にアーニャ、下にピッチョを召喚してきました。



私のデッキは空軍に弱いので、まずはピッチョ対策でスィーニ召喚!

スィーニの一撃ではピッチョを倒しきれないので、さらにシェスカで対処しました。



ここで、アーニャは放っておいて、相手のサブタワーに奇襲を仕掛けることにしました。

ツノマツを上の橋手前に召喚して一気に相手サブタワーに到達!



さらにアグレでタワーの攻撃を凍結!
ツノマツが確保した陣地にヒポタム召喚!



相手はアックス召喚で対抗してきました。

アックス召喚でツノマツは一掃できるし、ヒポタムの攻撃対象をサブタワーからアックスに移せる、敵ながら良い手です。



追加でテネを召喚してアックスを倒しましたが、相手はびっくりピッチョを召喚してきました。

相手のサブタワーのHPを2000程度削ったところで、1回目の奇襲は終了です。

振り返ってみると、この奇襲時、相手の方がジンチポイントが多かったので、ヒポタムの能力を活かせていませんでした。反省。

びっくりピッチョはスィーニとシェスカで対処した後、中央にテネ&スケートボード2を召喚して左側のジンチを確保しました。



相手もテネ&スケートボード2を召喚して両サイドから攻めてきているので、下にクラーオ、上にテネを召喚して対処。



次に上からボルド、下からピッチョが攻めてきました。

空軍に弱いことに気付かれたかも?



もう一度、スィーニとシェスカでピッチョの対処をした後、右上のサブタワー攻撃を再開します。
ボルドはそれなりに体力があるけど、攻撃力は低いので、放置。

丁度、テネが開いた道もあるので、今回はツノマツを使わず、サブタワー前にいきなりヒポタム召喚!

相手がアーニャで対抗してきましたが、無事にヒポタムがサブタワー破壊!
さらにアーニャも撃破!



クラーオでボルドの跡を消しつつ、テネ&スケートボード2を右側に召喚!



相手のびっくりピッチョでヒポタムが倒されてしまいましたが、今回もスィーニとシェスカで対処!

そして、テネのおかげで下のサブタワーもすぐ攻撃できるようになっているので、ヒポタムを召喚!破壊!



1回目の奇襲時と違い、今回は相手よりもジンチポイントが多いので、すぐに破壊できました。

残り30秒。混戦になってきました。



こちらのサブタワーはまだ一つも破壊されておらず有利ですが、相手の方がランクが高いので油断はできません。



残り3秒。サブタワー破壊を許してしまいましたが、アグレで時間稼ぎしつつ、タイムアップ!



勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!

まとめ[2018/8/22追記あり]

自分よりプレイヤーランクが高い相手でもデッキの相性や戦い方次第である程度は勝てます。

とは言え、ランクが高い方が有利なので、地道にレベルアップしていきたいと思います。
(ランク差の大きい相手とはマッチングしないようにしてもらいたいものです)


[2018/7/30追記分]
デッキを次のように変更したら勝率が上がり、オーブ7000に到達しました。
  • シェスカをジャスティ&ジェントルに交代
  • アグレをロワ&メルに交代

現時点でのリーグ終了まであと1週間ほどありますが、この時点でプレイヤーランキング469位!
自分よりプレイヤーランクの高い相手とばかりマッチングしますが、引き続き頑張りたいと思います。



[2018/8/6追記分]
今回のリーグでは、2018/7/30追記分のデッキのまま、オーブ8000に到達しました!



上記の画像はリーグ終了1日前のものですが、最終的にはプレイヤーランキング700位以内でリーグ終了となりました。

今回、1500位以内だったので、100円相当のビットコイン報酬が貰えます!
ビットコイン報酬はシーズン終了から5営業日以内に設定したウォレットに配布されるようです。

ということで、無課金でもビットコイン報酬は狙えることがわかりました。
次回のシーズンではビットコイン報酬の増える500位以内を目指して頑張りたいと思います。

[2018/8/22追記分]
ビットコイン報酬は2018/8/6 ~ 2018/8/20開催分のリーグから貰えるとのことでした。

2018/8/6 ~ 2018/8/20開催分のリーグでは、2018/7/30追記分のデッキのまま、オーブ9600前後で600位以内に入れました。

1500位以内ならビットコインが貰えるはずなので、2018/8/21にウォレットを確認してみると、確かに100円相当のビットコインが配布されていました!

現在、オーブ10000を目指して新しいデッキを研究中です。
良いデッキができたらご紹介したいと思います。


下記の記事で新キャラ「ジャスティ&ジェントル」の評価もしています。よかったらどうぞです。

【ウィムジカルウォー】新キャラ「ジャスティ&ジェントル」は使える?対戦例付きで評価します!

以上、いろはでした。

スポンサーリンク

Pocket