[ポート ロイヤル4]航海日誌4~フランス編を冒険家で攻略!(前編)~

2021年10月20日

小さな我が家へようこそ。いろはです。

今回はPS4/PS5/Switch「ポート ロイヤル4」の下記プレイ日記の続きです。

スポンサーリンク

航海日誌~フランス~

出航!

今回は1600年頃のフランス編をプレイしていきます。



フランスの植民地を大都市に変え、宝探しに参加するシナリオとのこと。

まだ試していない職業は冒険家とバッカニア。

宝探しということなので、今回の職業は冒険家にしました。


フランス植民地で事業を設立しろ

ミッション開始し、まずは所有している船団を確認。
  • バーク船×2
  • フリュート船×1
海賊でプレイしたときは船を1隻ずつ分けて3つの船団にしてみましたが、今回は船団2つのまま開始しました。

最初の目標は・・・
  • 5ヶ所の町と交易
  • ニューオーリンズに植民地の物資300バレルを配達
  • 物資2000バレルを生産地から他の町に配達
  • ポートジョーの人口2300人
  • ポートジョーの満足度90%


物資の配達に関しては、交易ルートを設定して放置。



とりあえずフランスの町を周っていくルートを設定。
(フランスの町 少ない・・・)

そして、交易で稼いだ資金でポートジョーに少しずつ野菜農場や麻農園、病院、小教会などを建設していきました。


建設活動の拡大の準備をしろ

今後、建設を拡大していくため、建築資材の生産を推し進めていくことに。
  • 工務店の許可
  • 構造力学の許可
  • 木材を生産する事業拠点を3ヶ所所有
  • レンガを生産する事業拠点を2ヶ所所有
  • 石炭を生産する事業拠点を1ヶ所所有
  • 金属を生産する事業拠点を2ヶ所所有
  • 金属製品を生産する事業拠点を3ヶ所所有


まずは総督府で工務店と構造力学の許可を取得し、各町で事業拠点を建設。

また、ペンサコーラやビロクシ、ニューオーリンズなどの町の建設許可も取得し、木材やレンガなどの生産を始めました。



基本的な建築資材の事業拠点が完成したところで、総督府で鍛冶屋の許可を取得。

金属製品の原料(石炭、金属)を生産できるポートジョー、ニューオーリンズに鍛冶屋を建設していきました。


スポンサーリンク

スペインとの紛争に備えろ

目標だった建築資材の事業所が完成したところで、スペインとの戦争が始まりました。

オランダと同盟を組み、戦闘に適した船団を編成することに。
  • 船員400人と大砲100門を搭載した船団を構成
  • ナッソーで金属製品200バレルを販売


序盤で大砲100門は厳しい・・・!

フロリダキーズ、ナッソーとの交易を始めつつ、戦艦の購入資金を貯めていきました。



そして、ある程度 資金に余裕ができてきたところで、ニューオーリンズの港で戦艦を少しずつ調達。



目標2つを達成したところで、追加の目標が設定されました。
  • オランダの町に物資2000バレルを販売
  • ガルベストンの人口2000人
オランダの町で物資を購入するとマイナスになってしまうので、交易ルートの設定でオランダの町では販売だけとするように修正。

また、今後も色々と建物を建設していくことになりそうな気がしたので、建設費用が割引になる許可「建築術」と「標準設計」を取得しておきました。



ガルベストンの町で事業を始めたりしつつ、町の近くに出没していた海賊「トマス・テュー」のアジトを攻撃。



海戦では移乗攻撃で海賊の船を乗っ取り、アジトの物資も回収。
(商船が数回 襲われましたが、回収した船のことも考えると黒字かも)

そして、スペインがガルベストンの町を狙っているとの情報が入ったので、艦隊をガルベストンの町に停泊させました。

また、総督の指令でトルトゥーガにいるジョン・ホーキンスと協力し、宝探しを始めることに。


編集後記

スペイン編では敵だったジョン・ホーキンスが仲間になるとは熱い展開ですね・・・!

そして、フランス編もボリューミー!

イングランド編と同様、プレイ日記は後編に続きます。



以上、いろはでした。
スポンサーリンク

こちらもどうぞ